AGAは男性型脱毛症の事を意味しています。
AGAの原因と言うのは遺伝子による男性ホルモンの乱れであり、20代から30代の若い男性に多く見られる薄毛です。
また、薄毛に悩む人の多くはAGAの可能性が高いと言われており、早目にAGA治療を行う事で薄毛の症状を抑えられ、育毛を促すことが出来ると言います。
AGAは進行型の薄毛とも言われており、そのまま放置しておくことで抜け毛の量が増えてしまい、全ての毛が無くなる可能性もあると言います。

また、AGAの薄毛には大きく別けて2通りのパターンが有ります。
一つは、生え際部分から徐々に薄くなるM字型薄毛、もう一つは頭のてっぺんが丸い形に薄くなるO字薄毛の2通りのパターンです。
何れか片方だけの薄毛の人もいれば、両者の薄毛が起きる人もいるなど、個人差が在るのが特徴です。
AGA治療では現在の髪の毛の薄毛の症状を確認するなどして治療を行うのですが、AGAは遺伝子が関与している事からも、AGA治療を行うか否かは遺伝子検査を行う必要が有ります。

遺伝子の影響により男性ホルモンの一種となるテストステロンが体内にある5α-還元酵素と結びつくとDHTと呼ばれる男性ホルモンに変換されることになります。
髪の毛の毛周期の内、成長期の期間と言うのは正常な人の場合は3年から6年と言いますが、DHTが成長期の期間を短くし、3ヶ月ほどで休止期や退行期に入る指令を出す為、早期の段階で髪の毛が抜けてしまうと言います。
これが男性型脱毛症でもあるAGAの抜け毛のメカニズムと言う事になるのです。

様々なAGA治療法について

近年になって男性型脱毛症治療薬であるプロペシアによる治療が広く行われるようになってきました。
この治療はある種の男性ホルモンの働きによって抜け毛が多くなることを原因としていることが分かっており、その改善のために有効であるとされる成分も明確になったことからAGA治療という名称で病院における治療が始められることになりました。
このAGAというのは男性型脱毛症のことであり男性型脱毛症治療薬のことをAGA治療薬と呼ぶこともあります。

この治療は成人男性だけを適用対象にしているホルモンに作用をするタイプの薬物療法です。
未成年に対しては成長に対して何らかの悪影響を及ぼす可能性があるために適用は不適切であると考えられており、女性の場合にはホルモンバランスを崩すことにより副作用の影響が甚大であるということから禁止される薬物に指定されています。
特に妊婦の場合には触れることも避けるべき薬剤として知られるようになりました。
その様な男性型脱毛症治療薬を使用するのがAGA治療と呼ばれるものなのです。

この様な治療は内科や皮膚科、美容外科などにおいて対応をしています。
しかしながらその治療内容に関しては非常に様々な種類がありますのでどのような内容の医療を希望しているかに合わせて医療機関を選択する様にすると良いでしょう。
一般的に言って特別にAGA治療に力を入れていない医療機関の場合には診察と薬物療法に使用する薬の処方だけで終わるケースが多く、その場合には月額1万円程度の治療費が必要になると言えます。
これは健康保険が適用されない治療であるということを理由としており、単に薬だけが欲しいと言う人に向いています。
そうではなく少しでも効果が出るようにできることをしたいと考えているのであれば美容外科や皮膚科の様に積極的にAGA治療に取り組んでいる医療機関を選択すべきです。

この様な医療機関では単なる薬物療法に加えて発毛のためのアプローチにも力を注いでいます。
そのため月間の治療費が2~3万円になりますが、成果を上げたいのであれば検討すべき内容であると言えます。

少しでも治療費を抑えたいのであれば、プロペシアなどの医薬品を通販されるとよろしいです。
病院の診察料や処方箋料などが掛からないため薬代のみとなるため格安にAGA治療が行えます。

遺伝によるAGAの可能性や影響について

男性にとって若くして薄毛に見舞われるのは精神的にもとても辛いものです。これらの薄毛をもたらす大きな要素として存在するのが男性型脱毛症、すなわちAGAという病気です。
早い人だと20代前半で症状が出始めるというこの病気は、精巣にて作り出されるテストステロンという男性ホルモンが身体を循環する中で頭皮にある5αリダクターゼという酵素と反応し、DHTという物質を生み出します。
このDHTを毛乳頭が感知すると、すぐさま頭髪の成長サイクルが異常をきたし、たとえ健康的な状態であったとしても既に成長を終えて抜け落ちるのみと判断してしまいます。
これによって毛細血管から栄養分を補給するのをやめて、栄養不足の状態を自ら作り出していくのです。

こういったAGAを引き起こす原因には様々な要素があると言われていますが、これまでのところはっきりとしているのが遺伝による発症の可能性についてです。
よく親や親族がハゲていると子もハゲると言われますが、これはそのことを現れと言えるでしょう。遺伝子にはXとYという種類がありますが、まず男性の場合にはこの遺伝子がXYとなり、女性の場合にはXXとなります。
男女が出逢って子供が生まれる際、父母が持つXとXが結合すると女の子が生まれ、父のYと母のXが結合するとXYとなって男の子が生まれます。

このとき、注目したいのが代々にわたって受け継がれるこのXという遺伝子情報に含まれる成分にDHTに反応する機能が搭載されている場合が多く、この条件が一致するとAGAを発症してしまうのです。
この例でいうとAGAは隔世遺伝で母方の祖父の遺伝子が影響することが多く、もしもその祖父がハゲていると孫もハゲる可能性が高まります。

ちなみに前述の通りAGAは男性ホルモンが関わってDHTを生み出しますので男性に発症する率が高く、一方、母親が発症しないのは女性であるがゆえにDHTを生み出さないからなのです。