ミノキシジルの女性の薄毛に対する効果とは

男性に多い薄毛は「AGA」と言われています。
AGAは生え際や頭頂部といった、頭皮の1部分の髪が抜けやすい点が特徴です。
一方、女性の薄毛は頭皮全体の髪が薄くなる、髪の毛の1本ずつが細くなり、ハリツヤが無くなるケースが多いようです。
女性の場合、頭皮の血行が悪くなり、薄毛が進行してしまうケースは少なくありません。
毛根に髪を作る栄養を届けているのは血液です。
頭皮の血流が悪くなってしまうと、毛根に十分な栄養素が行き渡らなくなり、髪を作る栄養素を行き渡らせる事ができません。
ですので女性の場合、全体的に抜け毛が進んでしまったり、髪の毛自体に元気が無くなってしまうのです。

このような、血行不良による薄毛の改善に有効と言われているのが、「ミノキシジル」です。
ミノキシジルは元々、高血圧の治療に使われてきた薬でしたが、発毛にも効果がある事が分かり、現在では薄毛治療に多くのクリニックが取り入れています。
ミノキシジルは血流を改善する作用のある内服薬です。
服用する事で頭皮の血行が改善される為、健康な髪を育てやすい環境へと改善します。
クリニックでは特に女性の薄毛治療に、ミノキシジルの内服薬を処方するケースが多いようです。
毛根にしっかりと栄養素が届く為、太く健康な髪を作る事ができるでしょう。
また、ミノキシジルを注射器で直接頭皮に注入する「育毛メソセラピー」という薄毛治療を、行うクリニックも増えてきました。
育毛剤にも含まれている為、体の中から取り入れるだけでなく、頭皮に塗って発毛を促す事も可能です。
「髪は女の命」という言葉があるように、髪は女性にとって大切なパーツです。
髪が抜けて続けてしまうと、精神的にも辛いですし強いコンプレックスとなってしまうでしょう。
薄毛の進行を止めたいという場合は、ミノキシジルでのケアをお勧めします。